会社設立に際して

一昔前と比較して、会社設立すなわち法人登記に際し、クリアを必要とする諸条件のハードルの高さは格段に低くなり、多くの起業家にとって嬉しい環境となり、実際に会社設立から新たなチャレンジに臨む方々の絶対数は、確実に右肩上がりの増加傾向を見せ続けています。ですがこのある意味規制緩和的な措置は、あくまで法人組織を構えるに際して必要な最低資本金額や、取締役に就任する人数などに関する条件面の緩和であり、所定の手続き自体が簡素化された訳ではありません。すなわち自分1人での起業に際し、全てを自身で対処しようとすれば、自ずと複雑かつ時に難解な所定の作業を丸抱えからの対峙が必要となり、他の起業準備と同時進行が求められる中、非常に大きな負担となって当然です。

特に提出を求められる各々専用の書式に基づく書類作成に際しては、受付担当の各機関で厳密な確認審査が為され、僅かな不備が露見すれば、即突き返されてしまうのがこの世界です。未経験のこうした作業で複数回の再対応などが求められれば、当初の青写真通りの起業からの自組織のスタートにも影響が否めず、より効率良く会社設立を完了するに際しては、こうした方面に長けた専門知識と経験を有する第三者の力添えが見過ごせません

ここでは新たな会社設立に際し、敢えて外部の第三者である会計事務所なる存在に着目から、近年積極的に提供されている会社設立代行サービスの利用を視野に入れる選択肢をご紹介します。同様のサービスを提供する専門職や事務所、更には事業体も見られる中、敢えて会計事務所を選択するメリットなど、知って役立つ関連知識をお伝えします。